子供を蝕む生活習慣病

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

病気の中で、糖尿病、高血圧、高脂血症、心筋梗塞といったものは、「大人のがかかるものである」と考えられてきました。


しかし現代では、これらの病気にかかる子供が増えており、“小児生活習慣病”あるいは“小児成人病”などという名前で呼ばれています。
子供がこういった病気にかかる原因は、外食等による摂取カロリーの増大(高カロリー食・高脂肪食のとりすぎ)や、運動不足などが指摘されています。
また、近年は胃潰瘍などの病気にかかる子供も増えていますが、これは、受験勉強による過度のストレスが原因であるといわれています。
子供の胃潰瘍は、傷は深くないものの急速に広がりやすいという特徴があります。
塾通い等、ハードなスケジュールに追いまくられている子供が、急に腹痛を訴えた場合などは、要注意です。

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る