ペットの生活習慣病

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

病気は不健康な生活習慣から生じるといいますが、それはペットも同様です。


近年、人間と変わらないような病気(ガン、糖尿病、アトピー、アレルギー、貧血、慢性腎炎、肥満、等々)にかかるペットが増えているといいます。
これらの病気は多かれ少なかれ、不健康な生活習慣と深い関係があるとされている病気ですが、ペットがこのような人間と変わらないような病気にかかるようになってきたということは、動物たちの“生活習慣”が悪化してきていることに他ならないわけです。
ここでいう生活習慣とは、食習慣(高カロリー、高脂肪食、エサのとりすぎ)、運動習慣(運動不足)が挙げられるでしょう。
もちろん、ストレスをため込みやすい生活環境もまた病気の原因となります。
ペットの病気を防ぐためにも、ペットの食事や運動に気を配り、また過度のストレスをため込まないよう、生活環境を見直してあげてください。

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る