緑内障

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

病気の中には「明確な自覚症状はないが、放置しておくと大変なことになる」ものがありますが、目の病気の中でそれに該当するものに、緑内障があります。


これは、40歳以上で「100人に1人」という高頻度で見られる目の病気で、目の内圧が上がることによって視神経が冒されて視力が落ち、最悪の場合失明に至るという恐ろしい病気です。
緑内障には、急激に起こるタイプとゆっくり進行していくタイプとがありますが、一般に多く見られるのは慢性型の方です。
慢性型の緑内障は、目立った自覚症状がなく、気づかずにいることが多いのですが、その間にも視神経は少しずつ冒され、視力は低下していきます。
唯一の自覚症状は眼精疲労に似た症状。
「最近ものが見えにくくなった」「目が疲れやすくなった」と感じたら、念のため眼科で診察を受けておいた方がよいでしょう。

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る