胃腸の病気と心

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

病気を引き起こす大きな原因の一つに、ストレスがあります。よく「胃は心の鏡」「胃腸は心の鏡」などと言われますが、胃腸は精神的なストレスに非常に影響を受けやすい臓器です。


胃炎などの病気はストレスによって引き起こされる場合もあることが知られていますし、最近では、過敏性腸症候群(過敏性大腸炎)という、ストレスによって下痢や便秘をする病気もマスコミなどでしばしば取り上げられています。
動物実験でも、サルに強いストレスを与えたところ、わずか1、2時間ほどで胃潰瘍になってしまった、という実験データもあるといいます。
また、胃腸の病気の原因の一つに「暴飲暴食」がありますが、これももとをただせばストレスが原因だったりするわけです。
ですから、普段からの食生活に気をつけるだけでなく、しっかりと休養をとったり、スポーツに興じたり、没頭できる趣味を持つなど、ストレス解消の方法を考え直してみることも胃腸の病気の予防となります。

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る