脳卒中

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

病気の中で、ガンと並んで最も恐れられているのが、脳の病気かもしれません。


脳の病気には、様々な種類がありますが、特によく知られているものが脳卒中です。
脳卒中は、脳の血管がふさがって起こる脳梗塞、脳の血管が破れる脳出血、そしてくも膜下出血などの総称であり、主な症状として体の麻痺、言語障害、意識障害などが起こります。
脳卒中の治療では、まず手術や脳血管内治療によって障害を取り除いた後、長期のリハビリが行なわれます。
脳卒中は、現在の日本人の死因の第二位となっている病気であり、寝たきり老人が寝たきりになる原因のおよそ50パーセントを占めているのが、この脳卒中です。
以前は、脳卒中というと、脳出血が多かったのですが、食習慣などの変化により、最近では脳梗塞の方が多くなってきています。

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る