脳ドックで脳の病気予防

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

病気の早期発見のために人間ドックを利用する人が増えていますが、全身を検査する人間ドックに対して、脳だけに焦点を絞って、その健康状態を調べる“脳ドック”を利用する人が増えています。


脳ドックで行なわれる主な検査は、脳断層撮影と脳血管撮影。
これによって、脳梗塞(血管の詰まる病気)や脳動脈瘤(血管にできるコブで、これが破裂するとくも膜下出血になる)、脳腫瘍、さらには脳血管の動脈硬化など、発見が遅れると生命に関わる病気や、病気の兆候を早期にとらえることができます。
脳ドックは、人間ドックに比べて、検査にかかる費用が安く、また検査時間も短いのが特徴です。
人間ドックは、検査終了まで数時間から数日を要しますが、脳ドックの検査は20分ほどで終了します。

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る