薬剤師になる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 薬剤師国家試験は、6年生の大学で正規の薬学を学んだ人だけ受験でき、年に1回2日間のスケジュールで行われます。(薬学部は、平成18年より、従来の4年生から6年制に移行しています。)


 薬剤師国家試験は、6年生の大学で正規の薬学を学んだ人だけ受験でき、年に1回2日間のスケジュールで行われます。(薬学部は、平成18年より、従来の4年生から6年制に移行しています。)
 大学では、薬理、薬剤学はもちろん、生化学、免疫、病理、微生物、放射線、臨床医学、公衆衛生、関連法規、病院実習など幅広い医学の知識を学ぶカリキュラムになっており、学生の間はかなり厳しい勉強が求められるようです。
 大学卒業後の進路は、薬局、病院・診療所、製薬会社、大学院などで、近年は薬局への就職が増えていると言われています。
 薬学部のある大学は年々増え続けており、調剤薬局の数も増えて頭打ちになりつつある上に、病院も電子カルテ化などで効率を上げているため、薬剤師は供給過剰になることが予想されています。
 在学中の費用は、年間200万と仮定すると、6年で1200万。かなりのお金と労力のかかる資格です。
 医薬品のプロとして、しっかりとしたビジョンをもち、資格取得と就職に臨みたいものです。

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る