妊娠検査薬の使い方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 妊娠検査薬は、薬局などで誰でも購入して、妊娠しているかどうか検査できる薬です。
 赤ちゃんが着床すると、妊娠を維持しようとするホルモン、hCGが分泌されて尿に混じって出るようになります。


 妊娠検査薬は、妊娠4週という、前回の排卵から4週間経った頃に陽性となるように作られています。
 生理が遅れているなと感じたら、もう1週間ほど余裕を見てから使うとちょうどいい日数となります。
 基礎体温を測っている人は、高温期(排卵後、2週間続く)が3週間以上続いたときを目安にすると、より正確に検査することができます。
 妊娠しているはずなのに、陽性の出方が少ない場合は、さらにもう1週間後に検査してみましょう。
 市販の妊娠検査薬はほとんどが棒状で、1~2回測定することができます。
 スティックの先端におしっこをつけ、数分待ってから、判定窓に現れる色で判断します。
 陽性反応が出た場合も、正常妊娠かどうかを確認するために、早めに産婦人科を受診するといいでしょう。
 検査結果が陰性なのに、生理が始まらない、基礎体温の高温期が続く場合も、早めに産婦人科を受診しておくと安心です。

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る