肺がんの症状と治療

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

肺がんは、胃がんに次いで多いがんであり、近年激増しているがんの一つでもあります。


年代としては、40歳代から現われ始め、60歳を超えると急速に増加します。
また、肺がん患者の男女比は3対1で、男性の方が女性よりも圧倒的に多く発病しています。
肺がんの中で、気管に近い部分にできるがんは、多くの場合セキやたんといった自覚症状によって発見されます。
一方、それより先の肺胞までの広い部分にできたがんは、初期には自覚症状がないことがほとんどで、X線撮影によって発見されることが多いという特徴があります。
肺がんは、がん細胞の形により、“非小細胞がん”と“小細胞がん”に大きく分けられ、治療法もそれぞれで異なります。
非小細胞がんの治療は一般的に手術が行なわれます。一方、悪性度の高い小細胞がんの場合は、抗がん剤と放射線を組み合わせての治療が中心となります。

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る