ゴルフの歴史

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ゴルフはスポーツの中でも古くからの歴史があります。


 記録に残っているゴルフの歴史は、1457年にスコットランドで発令された「ゴルフ禁止令」です。
 当時のヨーロッパは戦争が絶えませんでしたが、国民や兵士がゴルフばかりして、戦争に負けたり生産性が落ちるほどだったと言われています。
 ゴルフは、19世紀にゴルフクラブの量産ができるようになるまでは、適当な草原に穴を開け、棒でボールをたたいて入れるという簡易なプレーでした。
 人々がよく使うゴルフ場には、酒場が店を開いていたといいます。
 ゴルフ禁止令の後は、国王自身がプレーをしたいために取り下げられ、ヨーロッパ、そしてアメリカに広まりました。
 日本にも1900年に入るとゴルフが伝わってきました。
 第二次世界大戦後、現在のワールドカップにあたる競技が東京近郊で行われたときに、日本人選手が団体・個人戦共に優勝を果たしたことで、その後爆発的なブームとなり、一気に大衆化して現在に至ります。
 日本のゴルフは、その後も世界的な実力をもつ選手を生み出し続けています。

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る