海釣りいろいろ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 釣りは、マリンスポーツとしても知られ、海釣りは、海の場所によって、河口、防波堤(波止場)、砂浜、磯、沖合いと分かれます。


 河口の海釣りといえば、スズキやサヨリ。
 千葉には養老川河口に「市原市釣り公園」というのがあります。茨城県ひたちなか市の「ふれあい釣り公園」や、「和歌山北港魚釣り公園」など、全国には河口での海釣りが楽しめる公園があります。
 防波堤の海釣りでは、サビキ釣りがよくおこなわれ、アジ、サバ、イワシなどが主な釣果です。ファミリー釣りには絶好の場所。船に乗っていく沖の防波堤もあります。
 砂浜の釣りでは、投げ釣りがよくおこなわれます。キスやカレイが主な釣果です。
 磯釣りでは、イシダイや、メジナ、クロダイ(チヌ)がよく釣れます。磯場は、船に乗ってわたるところがほとんどなので、足場が悪くならないよう、天候などもよく調べて行きましょう。長崎県には、飛島磯釣り公園というのもあります。
 沖合いの海釣りは、遊漁船や、舟(カセ)釣りや、いかだ釣り。釣れるのは、カジキ、マダイ、チダイ、クロダイ、サバ、アジ、スズキ、カレイ、アイナメ、ハマチ、メバルとたくさんの種類があります。

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る