釣りの仕掛けのえさ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 釣りの仕掛けには、いろいろなものが使われます。仕掛けといえば、えさですが・・・


 えさの中でも、生餌(いきえ)には、ミミズ、カラス貝、カニ、マムシ、イワムシ、アオムシ、シロウオ、タエビ、モエビ、オキアミ、サシアミ、冷凍アミや、など、小魚や、小エビや、環形動物といったものがよく釣りに使われます。サシと呼ばれるハエのうじ虫もよく仕掛けに使われます。
 付け餌(つけえ)によく使われます。
 これらの生餌は、地方によって呼び名が違うこともあります。
 練り餌(ねりえ)というものもあります。練り餌とは、小麦粉、味噌、ふかし芋、マッシュポテト、カイコのさなぎを粉末にした「さなぎ粉」などを水で練ったえさです。
 チューブに入った練り餌も売られています。
 釣りの仕掛けには、ルアーもよく使われますね。ルアーは、疑似餌(ぎじえ)の一種で、金属や、プラスチック、ビニールなどでできています。ソフトルアー(ワーム)という、ミミズやゴカイのような虫エサに似せた形のものも、いろんな種類が出ています。
 魚をおびき寄せて釣る仕掛けには、撒き餌(まきえ)というのが使われます。冷凍オキアミや、アミと呼ばれるプランクトンなどを撒いて、魚を一同に集めるものです。

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る