ゴルフクラブの種類

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ゴルフクラブには、ドライバー、ウッド、ファウェウッド、ユーティリティー、アイアン、パターなどの種類があり、コースや目的に合わせて使い分けます。


 ドライバーやウッドなどそれぞれの中でも、大きさや角度の切り方でゴルフボールの飛び方が変わります。1番ドライバー、9番ドライバーなどとよんで区別しています。
 ゴルフクラブの種類の他に、手で持つ部分にあたるグリップにも、コードグリップ、ラバーグリップいう別があり、手に汗をかく状態や、握りの硬さの好みに合わせて選ぶことができます。
 ヘッドが大きく、ゴルフボールが上がりやすいクラブは易しいと言われますが、球が上がるだけであまりよくないという面もあります。
 ゴルフクラブを手にしたときに、大きさや重さに安心感を感じるなら、そのゴルフクラブはあなたに合っているのでしょう。
 練習するほど、スウィングのくせなどは変わっていき、結果が出やすいゴルフクラブは変わって生きます。
 ゴルフ雑誌で取り上げられて評判のあるクラブなど、その時もてはやされているゴルフクラブに振り回されず、自分に合うものを知り、選べるようになりましょう。

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る