ゴルフ用語の基礎  (コースとホール)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ゴルフ用語には、コースやホールの名前やルールに関するもの、ドライバーの名称、スコアの名称などさまざまなものがあります。


 コースやホールについてのゴルフ用語は、ショート、ミドル、ロングのホールと、パーが基本になります。
 まずはこの4つを覚えて、少しずつ肉付けをしていきましょう。
 ゴルフの競技は18ホールあるコースを回りますが、ホールは、ボールを打ってカップに入れるまでの規定打数が決められていて、規定打数のことをパーといいます。
 パー3(3打でカップに入れる)ホールはショート、パー4はミドル、パー5はロングと言われます。
 ゴルフは18ホール回るのに1日かかりますが、前半の9ホールをアウト、後半をインとも呼びます。
 ゴルフ用語の基礎をマスターしたら、スコアに関係する用語もぜひ覚えてみましょう。
 テレビの中継や、お父さんとの会話が弾むかもしれません。

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る