ゴルフルールのOB

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ゴルフの競技は、18ホールのコースを1日かけて回り、それぞれのホールでボールがカップに入るまでかかった打数をスコアとして競うルールになっています。


 ゴルフのホールには3種類の大きさがあり、それぞれボールをカップに入れるまでの打数が決められていて、その規定打数をパーと呼びます。
 パーより少ない打数でゴルフを進めると、いいスコアになります。
 ゴルフのルールで初心者が最初に必要になってくるものは、ボールがなくなったり、物理的に打てなくなったときのものでしょう。
 あー、よく飛んだな、と見送った先が別のホールや林の中だったり、お池にぽっちゃんということは珍しくありません。
 ゴルフボールがこのようにプレー困難になることをOBといいます。
 OBになってしまったら、ルールに従って、OBした地点に一番近いホールにボールを置き、そこから軽く1打してホールにボールを戻してプレーを再開します。
 ペナルティーは、ホールに戻すための1打と、スコアにもう1打加えることになります。
 ゴルフホールには他のプレーヤーもいるので、お互い危険のないように気持ちよくプレーしたいですね。

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る