脊椎ヘルニアの治療

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

脊椎ヘルニアで困っている人は大勢いますが、その症状は腰椎の椎間板が飛び出し神経を圧迫することにより、腰痛が発症することによります。立っているとすぐ辛くなったり、椅子に腰掛けているのが辛くなります。また、坐骨神経痛の原因にもなります。この痛さは歩けないほど我慢できません。


では、何故脊椎ヘルニアになるのかというと、ヘルニアは椎間板というクッション組織がその周囲の固い膜が破れてはみ出てくることにより起こります。外傷や無理な体位などが原因となることがあります。どちらも脊髄の占める空間が狭くなり、また脊髄神経の出る穴が狭くなって症状が現れるのです。
腰痛といわれるもののうち、特に脊椎ヘルニアの治療としては、次のようなものがあります。

  • 内服療法(消炎鎮痛剤、筋緊張緩和剤などの経口投与)
  • 理学療法(リハビリテーションとして、牽引療法、コルセット療法、電気療法、低出力レーザー治療など)
  • 神経ブロック(抗炎症効果のあるステロイド剤と局所麻酔剤の注入)
  • 身体に負担をかけないレーザーによる腰痛治療(PLDD)

    腰痛は、普段の生活でかなり防ぐ事ができます。脊椎ヘルニアになる原因を事前に食い止める事がベストです。先ず、運動不足だと腰痛になりやすいと言われますが、運動よりもストレッチが良いでしょう。脊椎ヘルニアなどを引き起こす腰痛は、体が硬い時になります。普段からストレッチで身体をやわらかくすることを心がけましましょう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る