薬物依存症のいろいろ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 薬物依存症には、アルコール、ニコチン、麻薬、覚せい剤などがあります。
 どの薬物も、摂取すると脳に作用して気分や体調が変化します。


 アルコールへの依存は、お酒の飲みすぎにより、仕事のミスや遅刻が多くなったり、家事などやるべきことが手につかない、対人関係の悪化などが起こります。
 タバコは、ニコチンという薬物が含まれていて、抹消の血管を収縮させ、その結果、血圧が上がって気分が高揚します。
 ニコチンの摂取を続けると、血流が悪くなって、吐き気、頭痛、不眠、苛立ちが起こり、さらにニコチンを摂取して改善しようとする薬物への依存が強くなります。
 タバコをやめようとする人は、長い間、毛細血管が収縮していたため、体中に激しいかゆみが出ることもあるようです。
 麻薬や覚せい剤というと、ヤバい人から買って、幻覚を見ながら廃人になるまで飲むようなイメージがあるかもしれません。
 実は最近は、繁華街でダイエット薬や試験の成績がよくなる薬と声をかけられたり、主婦の間でダイエット、体調がよくなるとひそかに流通していたりと、意外と身近に存在しています。
 体調や気分の悪さは、健康的な生活で改善できれば、お金も人生も豊かになるかもしれません。

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る