薬物依存症

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 薬物依存症とは、脳に作用する働きのある薬物に対して依存する精神疾患のことです。


 薬物には、麻薬や覚せい剤だけではなく、お酒に含まれるアルコール、タバコのニコチンなども含まれます。
 習慣性のある薬物は、精神的、身体的に依存を深め、やめようと思ってもやめられないというレベルを超して、常に体内に薬物がないといられない状態にまで依存してしまいます。
 薬物を体に取り込んだとき、はじめは少量で気分が高揚したり、落ち着くなどの精神的効果が得られます。
 依存症となる原因として、この精神的効果を得るために繰り返し薬物を取ると、以前と同じ量では効かなくなるという薬物の耐性があげられます。
 薬物依存症の身体的原因である耐性は、一定期間、薬物を取らなければ改善できますが、精神的な依存を改善することが難しいと言われています。
 入院などで薬物を絶っても、退院後少しでも取ってしまうと、あっという間に元に戻ってしまうというから、恐ろしいものですね。

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る