睡眠薬の使い方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 睡眠薬を使わなければ、とまで思う頃には、睡眠障害だけではなく、不規則な生活、体のだるさ、精神的不安定などのさまざまな症状に悩まされている人が多いようです。


 睡眠時間は、日中にすっきり活動できる程度のものが、その人に合った睡眠を取れていると言えます。
 日中眠くてたまらなかったり、寝つきが悪い、夜中に何度も目が覚めるなどの睡眠障害が続くようなら、医師の診察を受けて治療することをおススメします。
 睡眠薬は、精神的な安定の目的で使われることもあります。また、向精神薬を睡眠障害の治療に使うこともあります。精神と睡眠はとても密接に関わっているのですね。
 睡眠薬には、超短時間型、短時間型、中間型、長時間型などの効果が持続によって薬が分かれています。
 睡眠障害のタイプによって、寝付きにくいだけのときは短時間、途中で何度も目が覚める場合は中間型、早く目が覚めたり、昼間の不安が強い場合は長時間といったように使い分けられます。
 睡眠薬には副作用があり、翌朝に眠気や疲労感が残ったり、力が入りにくくなったり、睡眠薬の成分が体に残っている間に記憶や判断力が落ちたりします。
 ほとんどの睡眠薬は、ベンゾジアゼピン系という化学構成でできていますが、非ベンゾジアゼピン系という、より副作用を軽くしようと開発された薬もあります。
 長期的に睡眠障害を感じている場合は、薬局で購入できる睡眠改善薬ではなく、病院で受診して、自分に合った睡眠薬を処方してもらうことをおススメします。

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る