妊娠検査薬

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 妊娠検査薬は、妊娠初期に受精卵から尿に分泌されるホルモンを検出し、お腹に赤ちゃんがいるかどうか調べる薬です。薬局などで買うことができます。


 生理が遅れていて、もしかしたら?と思っても、産婦人科に行くのはためらってしまう人は少なくありません。
 妊娠検査薬で検出するホルモンは、hCGというもので、受精卵が着床してから増え続けていきます。
 検査に最適なのは、妊娠してから4週程度の時期とされています。
 生理が遅れていると感じる頃は、前回の排卵から約4週経っているので、妊娠検査薬には余裕を見て、生理予定日のおよそ1週間後から検査できると書かれています。
 妊娠検査薬で検査した結果、妊娠しているはずなのに陽性にならなかったり、判定が陰性なのに、生理が始まらなかったりすることがあります。
 不妊治療で投与されているホルモンや、不規則な生理周期、胎児異常などが考えられますので、再検査をしたり、早めに産婦人科の受診を検討してみましょう。

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る