サプリメントは薬じゃない

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

サプリメントは栄養補助食品であり、日本の法律上の位置づけも「食品」扱いであって薬ではありません。これは何を意味するかというと、サプリメントを摂取しても病気は治療できないということ。あくまでも不足した栄養素を補う効果があるだけと、理解しなければならないということです。


サプリメントはさらに医薬品でないですから、医薬品のように厳しい審査がありません。つまり、製造や販売を誰でも簡単に行うことができることになります。医薬品でないので、サプリメント製品は効果・効能を表記することは禁止されています。
しかし現実には、サプリメント製品には「短期間で血糖値が下がる」などの医薬品と誤認されるような効果・効能を表示したりして、薬事法や食品衛生法に違反しているものが、多々見受けられるようです。
こういった販売は違法とはいえ、現実に出回っている以上、サプリメントを利用する側が、内容を鵜呑みにしない慎重さも必要でしょう。

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る